社労士試験の教材は、テキストと問題集(一冊を繭り返し繭り返しやることが冊?をこなすよりも大切だといわれています)を2冊ずつ用意すると良いでしょう。 まず、テキストですが、 ・基礎が1冊に詰まっているもの ・項目別に分かれているテキスト このふたつです。 まず、基礎が1冊に詰まっているものと言う事ですが、初めて勉強する人は社労士についてあまり分かっていない事が多いので、基礎を極力多く頭に叩き込みるのがオススメです。 次に、項目別に分かれているテキストについてです。 基礎が頭(日本では、脳の死が人間としての死だと定義されていますよね)に入った後は、さらに細かく覚えていかなくてはなりません。 初めからこちらのテキストで勉強してしまうと、わかりにくく覚えづらいので、基礎にプラスして使うことで効率よく勉強できます。 また、問題集では、 ・とにかくたくさんの過去問題が載っているもの ・判りやすい解説が付いているもの これらの2つをポイント(部分という意味もありますよね。アイメイクなんかをそう呼ぶこともあるでしょう)に選んでください。 どんなに問題を解いても、同じところで間違っては意味がありません。 間違えた問題の解き方をきちんと理解するためにも、わかりやすい解説が付いている問題集を選んだ方がいいですね。 問題集は過去の問題が載っているもの以外は必要ありません。 試験と同じ時間配分で、本番だと思って解いていきましょうー